シャンプー詳細

スカルプシャンプー総選挙TOP

石鹸シャンプー詳細

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーとは、界面活性剤に石鹸を使用したシャンプーのことです。石鹸には、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムの2種類あります。脂肪酸ナトリウムは、油脂(脂肪酸)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で反応させた界面活性剤で、固形石鹸や粉石鹸に使われています。もう1種類の脂肪酸カリウムは、油脂(脂肪酸)を水酸化カリウム(苛性カリ)で反応させた界面活性剤のことで、液体石鹸などに良く利用されています。

石鹸はアルカリ性のため、髪のキューティクルが開いてしまい、洗い上がりに髪がキシむケースがあります。なお、頭皮への刺激は、さほど強くはありませんが、洗浄力が強いため皮脂を取りすぎてしまう場合もありますが、よほどの乾燥肌でなければそこまで注意する必要は無いでしょう。

石鹸シャンプーの見分け方


シャンプーが石鹸シャンプーか否かの見分け方のポイントですが、シャンプーのボトルの裏面に表示されている成分の欄をチェックしましょう。成分の欄には、ほとんどの場合は含有量の最も多い「水」が1番目に表記されています。水の次に記載されている成分名に、石けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどの記載があればそれは石鹸シャンプーです。なお、純粋な石鹸だけを使ったシャンプーの場合、たいてい「水、石けん素地」だけの成分表記となっている場合が多いです。

また、石鹸シャンプーは無添加で天然素材を原料としているものが多いのですが、中には無添加と謳って実は合成洗剤のものもあるので、成分表示のチェックの際は注意が必要です。



石鹸シャンプーの育毛効果


石鹸は多くの場合は天然素材の界面活性剤が使用されています。そのため、頭皮への刺激が少なく髪に優しいシャンプーと言えます。しかし、洗浄力が非常に高く、頭皮や毛穴の汚れをしっかりと落とすため、さっぱりとした洗い心地が特徴です。その為、頭皮が脂っい脂性肌の人には、オススメのシャンプーのタイプといえます。また、使い続ければ使い続けるほど、痒みや臭いを改善してくれます。頭皮が清潔になると、頭皮にハリが出て髪にツヤも出てきます。その為、石鹸シャンプーは短期的にも長期的的にも頭皮改善効果や育毛効果を期待することが出来るシャンプーといえます。ただし、重度の乾燥肌の人が使用する場合は、皮脂をしっかりと落とすことで、頭皮の乾燥を招き、痒みを引き起こします場合があるので注意が必要です。



石鹸シャンプーの髪への効果


石鹸シャンプーを使用すると髪の長い人は、洗い上がり後に、髪がキシんだり、ゴワついたりします。これは、石鹸シャンプーが髪を弱酸性からアルカリ性へと変えてしまうためです。人の髪や肌は元々は弱酸性であるため、市販のシャンプーは肌と同じ弱酸性タイプのものが多いのはそのためです。しかし石鹸シャンプーはアルカリ性であるため、一時的ですが髪をアルカリ性に変えてしまいます。それより、アルカリ性になった髪は、髪の毛を保護してくれるキューティクルが開き、はがれやすい状態になります。そのキューティクルが指に抵抗力を生むため、髪がキシんだり、ゴワついたりする感覚が生まれます。これが使用後に髪がキシむ原因です。

髪の長い人が石鹸シャンプーを使う場合には、石鹸シャンプーの使用後に、酸性のリンスや弱酸性のリンスを使用して中和することで、キューティクルを元の状態に戻すことが出来ます。



石鹸シャンプーのメリットとその魅力


石鹸は、界面活性剤の中で最も古くから使用されています。原料は、天然の植物などでつくられており、高級アルコールシャンプーなどの合成シャンプーに比べ、安全性が高く、肌の弱い赤ちゃんにも積極的に利用され、老若男女が誰でも安心して使えるシャンプーといえます。また、生分解性が高く、環境にも優しいECOなシャンプーといえます。洗浄力が高く、洗い上がり後は頭皮がスッキリとします。洗えば洗うほどに、髪本来の治癒能力を引き出してくれるため、髪が健康的になり、自然なツヤが出るようになります。

なお、石鹸シャンプーは、石鹸カスは頭皮に残りやすいので、シャンプー後のすすぎは、しっかりと行いましょう。石鹸カスが残ってしまうと、人によってはフケや痒みなどが出てくる場合がありますので、良く洗い流しましょう。



石鹸シャンプーのデメリット


石鹸シャンプーを使用すると、髪がキシみやすかったり、ごわついて指通りが悪くなると多くの人が感じます。髪が短い人は、あまり気になりませんが長い髪の人は気になる点です。髪がキシむ原因は2つあります。1つは、普通のシャンプーには、髪を滑らかにし、ツヤをよくするために、シリコンが配合されています。

しかし、一般的な石鹸シャンプーにはコーティング剤が配合されていないため、キシみやすくなります。もう1つの理由は、髪や頭皮を弱酸性からアルカリ性に変えてしまい、キューティクルが開いた状態になっているためです。自然に弱酸性に戻りますが、酸性のリンスなどを使用して中和しましょう。また、アルカリは、ヘアカラーの脱色を早めてしまうため、カラーリング後の使用は控えましょう。



石鹸シャンプーが向いている肌質


石鹸シャンプーは、洗浄力が高いのが特徴です。高級アルコールシャンプーとは違い、無添加でつくられているため肌への刺激は少なく洗浄できます。洗浄力の高さから、頭皮がベタつきやすい油性肌の人や、さっぱりとした洗い心地が好きな人には、向いているシャンプーです。また、天然原料のため、安全性を重視する人にも、おススメです。洗浄力が高いため、乾燥肌の人や、敏感肌の人には、あまり向きません。

石鹸シャンプーに慣れるまで、3ヶ月から半年ほどかかると言われていますが、石鹸シャンプーを使い続けることで、髪本来の治癒能力を高め、自然なツヤが出るようになります。頭皮も健康的になってくるので、長い目で見ると非常にメリットが大きいシャンプーです。



石鹸シャンプーに使用される洗浄成分(界面活性剤)


・脂肪酸ナトリウム(Na)
特徴:油脂(脂肪酸)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で反応させた成分のことで、固形石鹸や粉石鹸に配合されてます。

・脂肪酸カリウム(K)
油脂(脂肪酸)を水酸化カリウム(苛性カリ)で反応させた成分のことで、液体石鹸に配合されています。



石鹸シャンプーに分類されるスカルプシャンプー一覧

  • 全く髪がキシまない!石鹸スカルプシャンプーの「新定番」

    株式会社メソケアプラス

    メソケアプラス3,564円(税込)

    容量:370ml / 1mlあたり 7.3円~9.6円(詰め替えタイプ有)

    メソケアプラス商品画像



    • メソケアプラスの商品レビューを見る